FANDOM


アカウント・ホールドとは 編集

何らかの理由によりセカンドライフのアカウントがロックされた状態です。しかるべき対応を取りホールド状態を解除しない限り 30日後にはインベントリなどの情報が削除されてしまいます。なお、この場合であってもデータベース上に該当アバター名のエントリーは残るため、そのアカウントが販売したものや作成したものは残り続けます。なお、違反行為などの理由による [永久BAN] の場合はデータベースのエントリー自体が削除される(もしくは見た目上存在しない状態になる)ため関連のオブジェクト等もすべて削除されます。


ホールドになる理由 編集

「規約違反」がホールドの根拠です。要因としてはいくつかの事例があります。ただしこれに該当するアカウントがすべてホールドされるということではなく、例えば「不正な個人情報が登録されている」上に「ある程度の額(7000L$程度でも問題になったとの見解あり)のお金のやりとりが発生」するとチェックにかかるといったことになります。金銭のやり取りは特にマネーロンダリングなどへの注意もあるため常に監視されています。

  • 不正な個人情報が登録されている - 特にアカウント名と登録された本名が一緒などの特徴的なものは検出されやすい。
  • 同一と思われる人物が多数のアカウントを保持している(公式には1つのメールアドレスで 5つまでOK)
  • 詐欺行為等にかかわっている可能性がある


ホールドされた場合の対処 編集

ホールドされた原因を取り除けば多くの場合 ロックは解除されます。具体的には不足している個人情報を通知、証明できるものを送るといったことになります。

注意: メールでのサポートは日本サポートのみの特例処置です。通常の英語サポートではメールや IMはそれを求められた場合を除き基本的に削除されます。また、チケットで受付をした場合はIDが振られて案件解決までの進捗状況がトレースされるので安心ですが、メールや IMでは担当者が多忙で忘れるといった危険性もあるためお勧めしません。

注意: 金銭関連は会計部門の処理となります。通常のホールドであればサポートチームで対処できますが詐欺行為の疑いなどの場合は手順が煩雑になる可能性があります。


FAQ 編集

  • 警告もなしにホールドするのはどうなの?: アカウント・ホールド自体が「警告」状態です。。規約上は個人情報等に不正な情報がある時点で削除もあるとうたっていますのでいきなり消されないだけマシということでしょうか。
  • 企業や学校などで同一IPを共用している場合はどうすればよいのか: 個人情報が正しく登録されていれば問題は少ないと思われます。心配な場合は事前にチケットで事情を通知しておくのがよいでしょう。
  • 「規約」ってなに?: 加入手続きの際に「内容を読み・理解したうえで同意」されているはずですが…。参考扱いですが 規約の日本語翻訳 もあります。
  • 個人情報を証明する方法は?: パスポートや運転免許をスキャンしたデータを送ればOKです。住民票のコピーなどでも可能性はあると思いますが未確認です。記入項目の不足程度であれば不足している情報を連絡するだけでも対処されます。
  • カード登録をしてれば大丈夫ですか?: Age verificationの FAQでも触れられていましたがカード登録はこの場合関係がありません。クレジットカードは国によって審査基準が異なり、また年齢などの確認もできないため効果がありません。


関連する問題点・情報 編集

  • 2007年12月時点で [RegAPI] はベータサービス、仕様に不備があるため これを利用して加入処理を行った場合 個人情報を登録することができません。また公式 www.secondlife.com から加入した場合でも 表示が日本語設定 の場合、同様に個人情報を入力する画面がでてきません。日本で独自加入画面を提供している企業等は すべてこれに該当するため注意する必要があります。
  • 不足する個人情報としては「本名」「住所」「性別」あたりを追加する必要があります。
  • Age Verificationというシステムが始まっていますが、この認証を取っていると仮に個人情報に不足があった場合でも猶予される可能性があります。


Tips 編集

  • inSLロゴの使用許諾申請のページ(ログイン必要)を見ると、申請フォームに自分の登録情報(本名、住所など)が自動表示されます。どういう情報で登録したか憶えてない、、、というかたはこちらをみると簡単にチェックすることができます。
  • サポートに依頼をする場合、英語窓口ならば最短15分程度で更新をしてくれます。対応が英語になりますが登録の依頼だけですのでサンプルを使って依頼してみましょう。
  1. サポートポータルにログイン
  2. 右側のメニューからSubmit Ticket(チケットを切る)を選択
  3. アカウント種別によるサポート範囲の説明がでます。
  4. 画面一番下にある「Click here to submit a ticket」を選択
Summary: Register personal info
Ticket Type: Special Questions - Basic account or Guest Login
Basic or Guest Access - only a few ticket types allowed: Account issues
Basic Account issues: Manual Age Verification (年齢認証ではないですが、他に選択肢がないので…)
Email Address: (メールアドレス) - 登録に使用したアドレス
Avatar Name: (アバター名) - フルネームで。
Did you check the Knowledge Base?: No
Preferred Language: English

Details:

Hi I want to register my personal information.
I choose "Manual age verification" but for now, I just want to register personal info. 
If you need additional papers or something, please let me know.
(こんにちは、私の個人情報登録をお願いします)
(年齢認証、を選択していますが、今回は個人情報登録だけをお願いします)
(もしなにか追加で証明などの提出が必要な場合は連絡をください。)
----
Legal Name: (本名) - ローマ字で記載
Birthday: (誕生日)
Address: (住所) - 番地、区、市、県のように逆に書いていきます
Zip code: (郵便番号)
Country: (国) - Japan
Telephone Number: (電話番号) - 日本の場合は 81-を頭につけます。03-xxxx-xxxxならば 81-3-xxxx-xxxxです。
----
場合によっては誕生日を証明するものとしてパスポートや免許証をスキャンしたモノをメールしてくださいと言われる場合もあります。



このページの短縮版URL: http://tinyurl.com/account-hold

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki