FANDOM


Scripters_cafeログ


08/04/12 編集

Havok4 がメイングリッドに全面適用され、当該 jira エントリも解決済みということになったようです。

ただし jira のコメントでは、Linden 側が明示的にこの問題の原因に対して対処した、ということではなくて、「なおっているっぽい」というコメントなところが若干不安要素ではあります。


08/03/22 編集

Taifrogさんの記憶粘土をみんなで触っていて、オブジェクトの一部に座っている時に形状が変更されると座っているアバターが立たされてしまうのですが、これはHavok1では半ば仕様でした。

【参考】SVC-389 - llSetPrimitiveParams()で PRIM_TYPEを変更するとアバターが席をたってしまう


※上記の現象の補足としてNullpoさんにその場で調査していただいたのですが、「PRIM_TYPEのパラメータで行う変更=CHANGED_SHAPEイベントが発生する形状変更」の場合にアバターが立ってしまう、という状況です。 なお、パラメータの内容が一切変わっていなくてもllSetPrimitiveParamsをPRIM_TYPEパラメータで呼び出した場合は必ずアバターが立たされてしまっていました。

※おそらく同じ不具合の関連として、複数のプリムがリンクされているオブジェクトで任意のプリムの形状変更が行われた場合に、なぜか CHANGED_LINK イベントが発生するという現象もあるようです(Havok1)(Nullpoさんより)



この現象に関して、Havok4での状況を再確認するために隣にあるGALONGEのコロッセオでNullpoさんらに確認してもらったところ、全く再現しなくなっていました。

※念のために親プリム・子プリムの両方、および手動による変形、スクリプトからの変形を試しましたが、Havok4では全く再現しませんでした。


これで、アバターが座っているオブジェクトを、アバターを立たせることなく変形させられるようになりそうです。 (スカルプトマップの変更も同様です)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki