Fandom

Second Life in Japan

スクリプターズカフェ/ログ/スクリプトでテクスチャのUUIDを取得する場合の注意

483このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

Scripters_cafeログ


08/12/06 編集

スクリプトのllGetTextureやllGetPrimitiveParamsを使用して、オブジェクトのテクスチャやスカルプの形状テクスチャを取得することについてです。


この「テクスチャのUUID抜き」については制限がかけられており、以下の条件でしか実行できません。

  • オブジェクトがフルパーミッションである場合
  • スクリプトが入っているプリムのコンテンツ内に当該テクスチャがある場合

これ以外の場合はNULL_KEYとなります。

【参考】


販売する製品に組み込むスクリプトでの注意編集

販売するオブジェクトは、ほとんどの場合フルパーミッションではありません。オブジェクトに貼り付けられたテクスチャをスクリプトで取得するような処理を行っている場合、製作時には上手く動いていても、実際に販売してから問題が出る、という事態になります。

この場合、

  • あらかじめテクスチャをプリムのコンテンツ内に入れておく
  • 使用するテクスチャのUUIDをスクリプトに書いておく

といった対応が必要になります。



このページのTinyURL:http://tinyurl.com/SC-gettexture

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki