FANDOM


Scripters_cafeログ


08/06/07 編集

現在の Second Life ビューアの仕様では、ユーザーがカメラをデフォルトの位置から移動させていると、たとえスクリプトでカメラ制御のパーミッション(PERMISSION_CONTROL_CAMERA)を取得していても、カメラ操作を行うことはできません。

この場合、ユーザーに ESC キーを押してもらうことにより、ユーザーのカメラ位置を解除して、スクリプトに制御を譲ってもらう必要があります。

(チャット入力欄を常に表示している場合などは、ESC キーを2回押す)


どのような状況でもスクリプトで完全にカメラ制御ができてしまうのはおそらく問題がありますので、リンデン側でも何らかのうまいやり方を考えているのではないかと思われます。

【参考】

  • jira VWR-7309 llSetCameraParams([CAMERA_ACTIVE, TRUE]) does not take control of camera immediately unless <ESC> key is pressed

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki