FANDOM


Scripters_cafeログ


08/10/09 編集

JIRAにポストされた、state_entryの勘違いの例



08/10/04 編集

「タイマーで指定した時間よりもかなり早くtiemrイベントが上がってくる」という報告があり、検証を行うためにそのスクリプトのタイマーの部分だけを切り出したスクリプトを見せてもらいました。


その検証スクリプトの構造は、以下のようになっていました。(説明用に簡易にしてあります)

default {
    state_entry() {
        llSetTimerEvent( 300 );
    }
    timer() {
        llOwnerSay( "timer!" );
    }
}

この構造自体は非常にシンプルですね。 このスクリプトを入れたオブジェクトを販売して、購入した人が使用した時にtimerイベントが意図したよりも早く上がってくるということでした。


これは「仕様どおり」の動作です。

state_entryは、購入した人がそのアイテムをrezした時には発生しません。 もしrez時に必ずタイマーを初期化してスタートする必要があるなら、on_rezイベントをトリガーにして、スクリプトリセットかタイマーの初期化を行う必要があります。


(defaultステートの)state_entryは、オブジェクトがrezされた時に呼び出されるイベントではない」ということを、周知する必要があるのかもしれません。



08/07/19 編集

ある方からの質問で、「所有者の名前を取得するようにしているのに、誰が試してもスクリプト作者の名前になるのはなぜ?」というものがありました。


これは、スクリプトを見せていただいてすぐに原因が特定できました。

所有者の名前を取得する処理が、state_entry() の中にしか記述されていなかったのが原因です。


LSLスクリプトでdefaultステートのstate_entry()が実行されるのは、以下の状況です。

(話を単純にするため、また、一番勘違いされやすいのがdefaultのstate_entryであるため、ここではdefaultステートのstate_entryのみに話を限定します)


  • スクリプトをコンパイルした後(スクリプトがリセットされる)
  • スクリプトウィンドウでリセットボタンを押した
  • その他明示的にスクリプトをリセットした
    • バージョン1.21以降のクライアントで、Toolsメニューからスクリプトをリセットした場合等
  • スクリプトによるリセット
    • スクリプト内で、llResetScript() を呼び出してリセットした
    • 他のスクリプトから、llResetOtherScript() によってリセットされた
  • 別のステートから、defaultステートへ遷移した
    • 同一ステート(この場合はdefaultからdefault)へ遷移した場合は、state_entryは呼び出されません
  • スクリプトの入ったオブジェクトをコピーした時(コピーされて新しく出来た方)
    • シフトコピー[1]やCopy Selection[2]
  • 自分のインベントリからプリム/オブジェクトにスクリプトをドロップした
  • スクリプトから実行停止したスクリプトについて


これ以外の、たとえばスクリプトが入ったオブジェクトをRezしたり装着したり、他の人に渡したりした場合は、state_entry()はそのままでは呼び出されません。

Rezした場合であればon_rez、装着した場合であればon_rezとattachイベントが発生します。state_entryイベントは発生しません。


これはLSLで非常に勘違いされやすい仕様の1つのようです。


プリムコピー時の挙動に関する参考ページ

  1. スクリプターズカフェ/ログ/プリムをShift+ドラッグでコピーした時に中のスクリプトはどうコピーされる?
  2. スクリプターズカフェ/ログ/オブジェクト編集ウィンドウのCopy Selectionオプション

このページのTinyURL:http://tinyurl.com/SC-state-entry

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki