FANDOM


Scripters_cafeログ


08/11/08 編集

プリムにテクスチャで文字を表示する際に、アルファベット+記号等であればSecond Life WikiのScript Libraryにある「XyzzyText」というスクリプトが有名です。

このXyzzyTextには、表示テクスチャを更に工夫して1プリムに10文字まで表示できるバージョンも同じページに掲載されています。

★1プリムに文字表示に適した平面の状態で使用できる面の数は5つが上限とされています。


XyzzyTextは、上記のページのスクリプトをそのままコピーして使用すればよいのですが、以下に簡単に手順をまとめておきます。

  1. プリムを2つ準備してリンクします。
  2. 子プリムの名前を「xyzzytext-0-0」とします。
    1. この子プリムの名前で表示される部分が決まります。
  3. 子プリムに新規スクリプトを追加して「10-Char Prim Setup」の内容をコピーして保存します。
    1. 子プリムが変形して、スクリプトは消えます。
  4. 子プリムに新規スクリプトを追加して、「Slave Script」の内容をコピーして保存します。
  5. ルートプリムに新規スクリプトを追加して、「Master Script」の内容をコピーして保存します。
  6. 最後にルートプリムに文字設定用のスクリプトを新規に追加して、以下のような内容で保存します。
integer DISPLAY_STRING      = 204000; 
default {
    state_entry() {
        llMessageLinked( LINK_THIS, DISPLAY_STRING, "testtest", "0" );
    }

}

これで、文字版部分に「testtest」と表示されます。




このページのTinyURL:http://tinyurl.com/SC-XyzzyText

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki