FANDOM


Scripters_cafeログ


08/03/22 編集

以前のKeimarさんの黒板(初期バージョン)は、文字表示プリム(1プリム5文字)ごとに10個以上のスクリプトファイルが入っていましたので、黒板1つを合計すると、スクリプトファイルの数がかなり多くなっていました。

【参考】Lag


ファイル数が多いという点を改良して、ルートプリムのスクリプトのみですべての文字を制御するようにした新しいバージョンの黒板を見せていただきました。

この「ルートプリムから制御する文字盤」は、XyzzyTextというスクリプトをベースに開発されたそうです。

【参考】XyzzyText


まだテスト段階とのことですが、このスクリプト自体はオープンソース化も検討しているとのことです。


現状のLSLとSecond Lifeのインターフェイスでは、文字表示周りがどうしても弱いので、文字を表示する仕組みが共有できるようになると、いろいろ開発効率を高められる可能性もありますね。


※LSL Wikiのライブラリ入りという野望もあるそうですが、/ja ディレクトリ単体でのライブラリ追加ということはありえないと思われます。(GOTTi個人の見解)

※表示できる文字についてインターナショナルな対応などを盛り込めば、ライブラリ入りもありえるのかもしれません・・・。

→Hiroshiさんの作成された文字盤はかなり広範囲な文字をサポートしているそうです。

※/jaは翻訳版でしょうから/ja単体を目指してはいませんよ。なんで色々と無謀な野望ですけれど。(keimar Kuhn)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki