FANDOM


Scripters_cafeログ


08/05/24 編集

LSLの関数名はそこそこ系統立てて付けられているのですが、いくつか分かりづらいものがあるという話。

系統立てて付けられているものの代表は「Detect系関数」で、これらの関数は有効に使用できる場所が限られています。


分かりづらいものとして話題になったのは、「llAvatarOnSitTarget」です。

他の情報取得系関数は「llGet~」という名前なのに対して、この関数には Get がついていません。


「Getを付けると長すぎるから」とか「気分でそうなった」という噂が・・。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki