FANDOM


Scripters_cafeログ


08/04/05 編集

以前からオフィスアワーで何度か話題になっている、Wear(アタッチ)アイテムの非常時の状態記憶についての改良の話。

【以前のログ】


Fake さんからブログへのコメントにて「mod不可のプリムで一時的にllAllowInventoryDropを許可する」というアイデアが出されたのを、ametaさんが早速テストしてくれました。


llAllowInventoryDropでアイテムドロップの許可/禁止を切り替えるスクリプト(およびプリムにあるノートからフラグを読み取る)を子プリムに仕込んでおき、別のプリムからアイテムドロップを許可に切り替えてノートカードをllGiveInventoryにて送り込みます。ノートを送り込んだ後、アイテムドロップを禁止に戻します。


テストスクリプトでは、これが上手く動作しているようでした。


本格的に利用するためには、以下の点についてもう少しテストしておけば安心かもしれません。

  • SIMの負荷が高い場合に、llAllowInventoryDropでのドロップ許可設定にタイムラグが発生しないか
  • SIMの負荷が高い場合に、llGiveInventoryでのノートカード転送にタイムラグが発生しないか


正常系の動作は問題なさそうなので、汎用的に使えるようにできるといろいろ応用できそうです。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki