FANDOM


Scripters_cafeログ


08/07/05 編集

英語版last.fmでは、自分が再生した曲にあわせたおすすめプレイリストが自動生成され、それをストリーミングラジオとして聴くことができます。

このラジオを Second Life の土地で再生するスクリプトを、1年以上前に Babbage Linden さんがすでに作られていました。


まずはオフィシャルブログにあった Babbage さんの家へ last sound system をもらいに行きました。

かなり古い記事なので、今もおいてあるのかどうか心配でしたが、ちゃんとありました。 これを持ち帰り、自分の土地でテストしたり、ソースを覗いたりしてみました。


まず、スクリプトでやっていることは、last.fm にアクセスしてプレイリストに対応するストリームURLを取得し、それを Second Life の土地のメディアURLに設定しているだけです。


しかし、設定直後に再生していたときは、なぜか曲の再生が始まって数秒で次の曲へジャンプしてしまうような挙動で、「ひょっとしてlast.fm側で曲を短く区切っているのか?」とも疑っていました。

  • →これは結局勘違いのようで、ストリーミングコマンドが途中で送られてしまうことによって曲が切り替わっているのではないか、ということです。(未検証)


いくつか last.fm の API に関連するブログなどを調べました。

1つ目のブログに書いてある情報で、stream_urlというデータを取得できるのですが、Second Lifeで再生を行う場合はこのURLと、セッションIDがあれば再生可能なようです。


実際、Last Sound System でも、このセッションIDを取得する処理がメインでした。


Deed した土地&オブジェクトのスクリプトのデバッグ 編集

オフィスアワーを開催している土地はグループに Deed しているため、Last Sound System のようにスクリプトから土地のメディア URL を書き換える場合は、オブジェクトを土地と同じグループに Dees する必要があります。

ただ、一度 Deed してしまうと自分の所有物ではなくなってしまうため、オブジェクト内のスクリプトをそのままでは編集してデバッグできなくなってしまいます。


この場合、オブジェクト内のスクリプトのプロパティを開き、share with group にチェックすることで、同じグループをアクティブにしている人はスクリプトが編集できるようになります。

※このように設定を変更するためには、少なくとも next owner に mod 権限をつけて deed する必要があります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki