FANDOM


Scripters_cafeログ


08/08/16 編集

結論:おそらく必要なし


「重いSIMで椅子を作っていた時に、アバターがsitしているにも関わらず、llAvatarOnSitTargetでNULL_KEYが返ってきたことがあった。それを回避するためかどうか分からないが、llAvatarOnSitTargetの前にllSleepを入れるのは常套手段?」という話が出ました。

NULL_KEYが返ってくる現象についてはきちんと調査する必要がありそうですが、それとは別に、llSleepを入れるという情報のソースについて調べてみたところ、以下のページが元となっていたようです。

→ rpgstats llAvatarOnSitTarget このページのサンプルスクリプトの以下の部分

llSleep(0.5); // llUnSit works better with this delay
if (llAvatarOnSitTarget() != NULL_KEY) { // somebody is sitting on me

このllSleepが「おまじない」のように思われていたのかもしれませんが、コメントを読む限りllAvatarOnSitTargetの対策と言うわけでもなく、また、オフィスアワー時に確認した限りでは、llSleepが無くてもサンプルのスクリプトは意図した通りに動いていたようです。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki