FANDOM


Second Life(セカンドライフ)は、サンフランシスコに本社を置く、リンデンラボ社 (Linden Lab) 社が運営するバーチャル世界およびメタバースのこと。LinuxMacintoshWindowsに対応している。アカウント数が700万以上存在する。

概要 編集

代表的なメタバースの1つで、遊び方は商売に力を入れたり他のユーザーと交流したりとユーザーの自由である。大きな特徴として、製作物の著作権・所有権が認められていること、セカンドライフ内の仮想通貨を現実通貨に換金できること、がある。

オンラインゲームと呼称されることが多いが、リンデンラボは World と呼称している。また、World内に存在するコンテンツのほとんどはユーザーの手によって作り上げられており、ゲームというよりもシミュレータと呼ぶべきであるとの声もある。そうしたことから、オンラインゲーム感覚で利用するユーザーと、仕事や教育目的で利用するユーザーとに分かれている。

World内で一億相当の資産所有者が誕生して以来、アカウント数は急増している。現実通貨への換金は現在非課税で行えるが、これが脱税に利用できてしまうため、問題視されている。これに対し、アメリカの国税局は課税ルールを検討している。

基本的に全て英語であるが、他言語版もリリースされている。ただし、これは遊ぶ際に必要なソフトで使われる言語が違うだけであり、言語別にサーバーやグリッドがあるというわけではない。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki