FANDOM


エイチ・ユー・ディー、ハッドまたはヘッド・アップ・ディスプレイ(Head Up display)と読む。クライアントの画面枠上に表示を出す手法のこと。実世界でも車のフロントガラス下にスピード・メーターを表示したりするものとして使われる用語。参考 → WikipediaのHUD解説

セカンドライフにおいてはプリム・ベースのものは wear as HUD(HUDとして装着)とすることで何でも HUD扱いにすることができる。英語公式から入会した場合に初期状態から表示されているチュートリアルHUDはもっとも有名な例であろう。その他によくある例としては「観光案内」「ニュース配信」「アニメーションオーバーライド」など。家具や何らかのツールなどをリモコン操作するものとしても良く使われる。以下、実装例:


Wassr 編集

メッセージサービス。Wasserで登録して、SL内のHUDを利用すると、Twitterのようなメッセージを送受信することが出来る。メッセージは、当該サイトで見ることが出来る。

Spot Search 編集

検索サービス。SLguide.jp内の情報より、検索を行うことが出来る。SIM単位でも検索出来る。

Blog HUD 編集

ブログサービス。BlogHUDで登録すると、SL内からブログの投稿が出来る。有料版は、写真も付加して投稿出来る。

sl-ime 編集

webとSLの間でチャットできるツール。公式サイト

Motion Plug 編集

アバターのアニメーションをコントロールするHUD。解説サイト

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki