Fandom

Second Life in Japan

Sculpty

483このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

スカルプティと読む。複数の場合は Sculpties(スカルプティーズ)。

テクスチャ画像データの RGB値を三次元座標として使用し基本プリム表面形状をマッピングすることで自由な立体表現を行う機能。従来多数のプリムを組み合わせていた表現(もしくは出来なかった表現)を1プリムで実現することができるなど表現の幅が大きく広がったといえる。実装当初は Mayaでのみデータ作成が可能だったこともありプロしか使えない機能と危惧されていたが様々な代替ツールが登場し作り手も拡大した。全ての形状をスカルプティで作れば最高かというとそうでもなく、旧来のプリムとの得手不得手があるあたりが創意工夫の見せ所であるといえる。

なお、過度のスカルプティの使用はやはりラグの原因となることが指摘されている。コレは単純に「形状データ」と「テクスチャ」の二つを読むことになるため単純にロード時間がかかるようになる、マッピング処理を行う分の負荷が生じる、などの理由による。とはいえ荒いマップだとスカルプティもデコボコになってしまったりするあたり調整が難しい。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki