FANDOM


ビュワーと読む。

「見るためのもの」ということで、セカンドライフではユーザーが使っている側のアプリケーション・ソフトウェアがこれにあたる。クライアントと呼ぶこともある。

libsecondlifeの利用および公式ビュワーのオープンソース化を受けて公式以外にもさまざまなビュワーが各社からリリースされている。

  • OnRez Viewer - ESCによる機能拡張されたビュワー
  • Sleek - libsecondlifeを利用したテキスト主体のビュワー
  • AjaxLife - ブラウザ上で動作するテキスト主体のビュワー
  • Movable Life - 携帯電話からアクセスすることができるビュワー


関連情報

Viewer開発ロードマップ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki