FANDOM


ビューアソースメモ


SLURL/SLURLコマンドのディスパッチ処理

LLURLDispatcherImplの定義(URLディスパッチャの処理本体)

LLURLDispatcherの定義(URLディスパッチャのインターフェイス)



  • SLURL/SLURLコマンドのプレフィックス定義
    • const std::string SLURL_SL_HELP_PREFIX = "secondlife://app.";
    • const std::string SLURL_SL_PREFIX = "sl://";
    • const std::string SLURL_SECONDLIFE_PREFIX = "secondlife://";
    • const std::string SLURL_SLURL_PREFIX = "http://slurl.com/secondlife/";


  • bool LLURLDispatcherImpl::isSLURL(const std::string& url)
    • パラメータのURLがSLURLかどうか?


  • bool LLURLDispatcherImpl::isSLURLCommand(const std::string& url)
    • パラメータのURLがSLURLコマンドかどうか?


  • bool LLURLDispatcherImpl::dispatchCore(const std::string& url, bool from_external_browser, bool right_mouse)
    • SLURL/SLURLコマンドのディスパッチ処理本体
    • SLURLコマンド→SLURLの順に処理。


  • bool LLURLDispatcherImpl::dispatchApp(const std::string& url, bool from_external_browser, BOOL right_mouse)
    • SLURLコマンドのディスパッチ処理(secondlife:///app/***)
      • 1.19.1のソースでは、外部ブラウザからの処理フラグが追加されており、外部ブラウザからのSLURLコマンドは無効にされている。(from_external_browser=TRUE でこのメソッドが呼び出される)
    • Viewer_source_memo/indra/newview/llcommandhandler.cpp bool LLCommandDispatcher::dispatch


  • bool LLURLDispatcherImpl::dispatchRegion(const std::string& url, BOOL right_mouse)
    • SLURLのディスパッチ処理(secondlife://リージョン名/***)
    • 外部ブラウザからの起動かどうかのチェックはない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki