FANDOM


セカンドライフにおけるボランティア活動 編集

セカンドライフの世界では数多くのボランティア活動が行われています。これらはリアル世界での活動の一環として行われているものから、セカンドライフそのものに関する活動まで多岐にわたっています。リンデンラボの基本方針に協調を規範とするオープン・ソースや CCの考え方があることもあり いずれの活動も非常に盛んです。


リンデンラボ公式ボランティア・プログラム 編集

公式解説ページには以下のように記載されています - セカンドライフ ボランティア・プログラムは経験をつんだ住人による「他の住人達を助けたい」「ボランティア・プログラムに貢献したい」という要望によって成り立っています。

注意すべき点は公式といっても権威や権限があるわけではないということです。これらは公式メンターの規範とされている Tao of Volunteer(ボランティア道)でもうたわれていますが、あくまでも「他の人を助けたい」「役に立ちたい」という動機を大切にし、各自ができることをするというのがボランティア・プログラムです。公式としているのは、そのことによりより活動が活発化するであろうこと、より大きな集団で活動することにより全体としてのメリットがあるであろうことからです。実際、公式プログラムの範囲では自分の目的とすることが困難だということでプログラムから離れ、自ら別のしくみを作っている方々もいらっしゃいます。


考え方・運用ルール 編集

基本は「Tao of Voluntters」です。運用の便宜上 役職を定めていたり担当リンデンによる判断が行われる場合がありますが、原則としてすべてのメンターは平等とされています。


主な活動 編集

メンターの活動は特に制限されていません。各自がよいと思うことを行っています。ただしより効果の高い結果を得るために協力しあうことが推奨されています。下記のリストは現在実施されている主な活動の例です。

  • オリエンテーション・アイランド、ヘルプ・アイランド、ウェルカム・エリアなど「困っている人が多そうな場所」での対応
  • スクリプトやものづくり、様々なテーマでの講習開催
  • 公式wiki翻訳プロジェクト
  • メンター活動にやくだつ資料・ツールの提供
  • 様々な活動にあたりそれぞれ個別の役職を作成したりグループを作る場合もあります。SL Japanese Mentorグループも日本語関連の情報や活動で協力し合いましょうといことで作成した非公式のグループです。


参加方法 編集

三ヶ月を1期間として「申込み ~ 仮登録 ~ 講習受講 ~ 本登録」が繰り返されています。期間中、講習は様々な時間帯で複数行われていますので都合のよい回に参加することで本登録となります。2008年03月現在では1~3月のタームが終了し、仮登録のまま講習を受けなかった方がいったん解除・待ちリストを空にする作業をしています。なお、4月からの回では講習の方法が変更される予定です。

  1. 公式ページの コミュニティ - ボランティアから「Apply(登録)」します(ログイン必須)。
  2. Apprentice Mentor(見習いメンター)グループへの登録が行われます。申込みをしたら必ずグループの空きを作っておきましょう。
  3. ボランティアによる講習ページの「Orientation Session」一覧から都合のよい回を選んで参加します。
事前登録は不要です。ただし会場のSLVECシムはメンター限定の場所ですので Apprentice Mentorへ登録されるまで入ることはできません。英語での開催が原則ですが他の言語での講習も行われています。講習で配布されるテキストは日本語訳版もあります。
  • 講習が終了すると、講師(コーチ)から出席者一覧を担当リンデンに送付して本登録となります。
  • 2008年4月からの講習は内容が変更される予定です。講習だけでは実際に現場での対応がうまくできない、個人のやり方によってしまうことが多いということでバディ・シャドウイングが行われる予定です。これはバディと呼ばれるメンターのメンターの方について回って、1時間弱ほど実際に活動する様子を見て学ぶという講習です(詳細調整中)。


リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki